アップルティーナは飲みすぎてはいけない?

アップルティーナは飲みすぎてはいけない?

紅茶を飲むだけで痩せることができると話題のアップルティーナですが、即効性はないので、定期的に飲み続けることが条件となっています。

脂肪燃焼を助ける成分と豊富な食物繊維が含まれており、ダイエットティーをただの紅茶の感覚で飲めるというのは魅力的なアイテムと言えます。

脂肪燃焼によって余分な肉が減り、食物繊維でお通じが良くなることでダイエットになるのですが、すぐに実感できないからと大量に飲む人も多いようです。

アップルティーナだけの問題ではありませんが、何事にも限度というものがあり、無理に飲み過ぎると体調を崩してしまいかねません。

いまのところ副作用などの報告はありませんが、食物繊維によって便秘が解消されるどころかトイレにこもってしまう可能性もあるので注意しましょう。

アップルティーナのアレルギー成分とは?

アップルティーナのアレルギー成分とは?

ダイエットティーで人気のアップルティーナですが、使用上の注意に「食物アレルギーのある方は原材料名表示をご参照ください」といった文面を見ることができます。

ダイエットに役立つ紅茶なのに、アレルギーに反応することがあるのかという疑問を持つのも不思議ではありませんが、人間は誰しも何らかの食品に対してアレルギー反応を起こす可能性を秘めています。

アップルティーナの原材料で、特にアレルギー反応が起こりやすそうなのは、オレンジピールに生姜あたりでしょう。

その他にお茶として単体で使用できるドクダミなどは、抗アレルギー作用を持っているので安心して飲めますが、アップルティーナでは全てを原材料として使用しているため、人によっては過剰な反応を示すことも念頭においておく必要があります。

アップルティーナは高齢者は飲んではいけない?

アップルティーナは高齢者は飲んではいけない?

アップルティーナは高齢者が飲んではいけないという記載はないので、ダイエットや健康のためのダイエットティーとして活用してください。

大量に飲むとお腹がゆるくなるので、1日1包ずつ飲むのがよいでしょう。150~200ccが適量で、浸す時間帯によって濃さをお好みに調整できます。

キャンドルブッシュがメイン成分のお茶なので、今まで飲んだことのある方なら問題はありません。

風味は飲みやすく調整されているので癖はありません。体調・体重と相談をしながら調整するのがおすすめです。

高齢になると便秘・冷え性が気になる方が多いので、予防対策としても活用してください。食後に飲むのもよいですし、就寝前や起床後のリラックスティーにもなります。